2010年02月06日

岐阜のアパートで、女性腹を刺され重傷(読売新聞)

 31日午前8時15分頃、岐阜市早田東町のアパートで、「女性が腹から血を流している」と、男の声で119番があった。

 消防や岐阜北署員が駆け付けたところ、アパート1階の室内で、腹部から出血した女性が倒れているのを見つけた。女性は病院へ搬送されたが、重傷。同署は殺人未遂事件として捜査を始めた。

 発表によると、女性は20歳代で、この部屋の住民とみられ、「男に包丁で刺された」と話しているという。室内からは血のついた包丁(刃渡り約20センチ)が見つかった。通報してきた男は「田中」と名乗っていたといい、同署は何らかの事情を知っているとみて、男の行方を捜している。

 現場はJR岐阜駅から北へ約4キロの住宅街。

大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開(産経新聞)
法的決着発言「例えばの話」=官房長官、社民幹事長に釈明(時事通信)
新製品16品目投入で売り上げ3.8%増を目指す―ロシュ・ダイア(医療介護CBニュース)
郵便不正第4回公判 「証明書受け取り」で応酬(産経新聞)
やくみつる氏、「遅きに失した」=内舘牧子さん「安堵した」=朝青龍引退表明(時事通信)
posted by コミネ ヒロミチ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。